07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

pianist TAKANO

Author:pianist TAKANO
こんにちは!
ピアニストの鎌田貴乃です!
ピアニストやっています
ラジオパーソナリティやってます
フランス語に奮闘中です
ときどき学生たちと戯れて?ます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

My Voice My Life ~ピアニスト鎌田貴乃の気ままにBLOG

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃なんですけどね・・汗。。  Aug,08,2011

2011.08.08 23:07|未分類
きょうも異常な暑さの名古屋でした

私の夏バテ不調も慢性化し、この状態を至極冷静に受け止めている次第です

さてさて・・・

遡ること先月30日は多治見のお料理教室 AKO a' Table の日でした。

遠方に住む友達などから「ブログUPを楽しみにしてたんだけどどうなったのぉ?」と言われることが多々。

実は・・・バテてて更新を怠っておりましてん。←なんで関西弁?

ってことで、ごめんなさい!今更なんですが本日ここにUPさせていっただきます~


AKO a' Table 7月のグラン・レッスン、タイトルは「イタリアンレシピ・夏バージョン」

ぶろぐ74 001

ご覧下さいませ。

この素敵なテーブルコーディネート! 毎回行くたびに同じお部屋とは思えないイメージチェンジは

AKO先生の芸術的センスの最たるもの。

イタリアをイメージした葡萄のアレンジ
テーブルクロスのトルコブルーはイタリアの海をイメージ。
マリメッコの生地から作られたナフキンととてもよくマッチしています。
そして赤いグラスはイタリアの太陽。

このコーディネートを見た途端、私の中ではプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」の~私が街を歩くとき

が鳴ってました

ウェルカムティーは世田谷区奥沢の「LE PALAIS DES THE'S」の水出し紅茶でした。

画像のストライプのシャツの女性がAKO先生。そしてお隣がアシスタントのrieさん。

おふたりとも実物のほうが数百倍おキレイです

まるで長年の友達のように息のぴったり合った呼吸でレッスンは進行。


ぶろぐ74 002

とうもろこしのババロアと冷たいスープ ~ほろにがキャラメルソースをアクセントに

旬のとうもろこし「ゴールドラッシュ」を使い、甘みを生かすため茹でずに電子レンジ加熱。
昆布だしと合わせ、ゼラチンで固めてババロア状に。いろいろな味を味わうために
キャラメルソース、生ハム、5種類がブレンドされたペッパーをトッピング。
とうもろこしってこんなに甘かったっけ!と驚くほど自然の甘みを堪能しました。
何年か前のこの時期に長野県東御市の玉村豊男さんのレストランに行ったときも
自身の農場で採れたとうもろこしを実を削ってサラダにして出してくださいました。
とうもろこしの本当の甘さはこれが一番と玉村さんが直々力説してくださったのを思い出しました。


ぶろぐ74 003

鮎のパスタ ~山椒の香りで

鮎を塩焼きしたものをほぐし、あさり出汁とEXオリーブオイルで乳化させ
水菜、大葉、みょうがをトッピングしたオイルパスタ。
この時期旬の鮎。私も鮎や岩魚などの川魚が大好きですが、こういういただきかたも
あるんだな~と、またひとつ発見しました。パスタはDE CECCOを使用。表面の傷が味を
より絡ませるこのDE CECCOの麺。これを食べたら他のものが??となってしまいますね。
私はいつも近所のKALDIで安~くまとめ買いしてます笑。


ぶろぐ74 004

黒豚のピッツァイオーラ ~ジェノバソースを添えて

ピッツァイオーラとはピザ職人風という意味。たまねぎ、にんじん、セロリをグリルし
トマト缶でじっくり煮込んでゆくトマトソース。ジェノバペーストもミキサーの攪拌熱で
バジルが黒く変色しないよう注意します。なんとも喩えがたいきれいな緑!私実は・・・
かなりのジェノバペースト好きなのです。
今回AKO先生は黒豚を銅製フライパンを使っていらっしゃいました。
見ているとやはりテフロンとは焼き上がりや、風味が全然違うんだな~と思いました。
料理上手への道はまずは道具から????

ぶろぐ74 005

冷たいチーズケーキ ~ミルフィーユ仕立て

クリームチーズのアイスクリームとダンディーユというアーモンドの薄い焼菓子状のものを
交互にはさみます。
ポイントはイタリアンメレンゲ(アイスクリームなど卵白に火を通す場合や、保存性を高めるために
使うレシピ)と同時にグラニュー糖と水を強火にかけたシロップを同時に仕上げること。
AKO先生とrieさんの阿吽の呼吸はそれは見事なものでした!


いつものことなのですが、デモンストレーションも最後の方になってくると

学びの場であるレッスンですが、あまりにも美味しそうな香りと出来上がりに

空腹感がMAXになり気絶しそうなくらい・・・な状態になりレッスンも意識朦朧。

きっと生徒さん、みなさん同じだと思うんですけどね笑。

そしてレッスン放課後はいつものjunkoさんや先生とともにおしゃべりタイム・・・。

いやぁ、先生の「小男の魅力」の語りはかなり面白かったです(ごめんなさい!AKO先生

それよりなにより、五感をフル稼働のレッスンに今回も刺激をうけ帰宅の途につきました。

レッスンに放課後のおしゃべりに精力を使い果たしたのでしょうか・・。

それから夏バテモード全開になってしまった私でした。

また次回楽しみにしています、AKO先生!!


AKO先生へ♪
先生のお姿が写った画像を載せたのですが
入力画面だと切れていないのに、更新後確認すると
切れてしまっていて。。こんな失礼な状態、本当にお許しください!!
でも入力画面だとちゃんと写っていらっしゃるのにぃぃぃ。
なぜだか原因究明してみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。