10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

pianist TAKANO

Author:pianist TAKANO
こんにちは!
ピアニストの鎌田貴乃です!
ピアニストやっています
ラジオパーソナリティやってます
フランス語に奮闘中です
ときどき学生たちと戯れて?ます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

My Voice My Life ~ピアニスト鎌田貴乃の気ままにBLOG

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐川のオバチャン   Nov 02,2011

2011.11.03 01:03|未分類
秋が深まり冬へと向かっていく季節になると

なぜだかラフマニノフが聴きたくなるpianist TAKANOです 

ラフマニノフに限らずロシアもの全般が聴きたくなるんですねぇ。。なんでしょ、ロシアものの

あの粘着質で息の長いフレーズのこってり感が季節的にマッチするのでしょうか??

特に今は車でも部屋でもSymphony no.2 。ガンガン聴いてます。


さて、またfunnyなタイトルを書きましたが!

“佐川のオバチャン”とは=佐川急便のオバチャン。

この1年ぐらいこの地域を回っているオバチャン。推定50代半ば。

偶然にも高校の先輩ということが判明。いつも軽トラで回っている。

いつも明るく、感じが良くて、気が利いて、体育会系THE・スーパー仕事人的なオバチャン。

道ですれ違ったりしても“行ってらっしゃい!”“気をつけてね!”と声を掛けてくれる。

少々ふさぎこんでいても、オバチャンがそんな風に声を掛けてくれるだけで

気分が軽くなってしまうのである。これってすごいことです。

今日、帰り道佐川のオバチャンの軽トラを見かけた。運転席にいるのは

あっ、オバチャンだ。こんばん・・・っと声を掛けようとしたところで

止まった。オバチャン、携帯片手になにやらトラブル発生なのか一生懸命謝っている様子・・・。

一心に謝る車越しのオバチャンの姿をそっと横目に通り過ぎることにした。

いつも頑張っているオバチャン。トラブっても一生懸命対応している。。。

なんだかジ・・・ンときてしまった。

一生懸命さって必ず誰かに伝わるもの。

謝る姿も一生懸命。朝から夜遅くまで、身体を使って一生懸命働いているオバチャン。

こんな姿にウルっときてしまう人此処に在り。。。笑。

そして最近の私はただ一生懸命、だけでなくプラス体育会系的要素が加わると

さらに全身に稲妻が走ってしまう。

例えば・・・


 ①猛暑の炎天下で真っ黒に日焼けし、

    汗が滝のように落ちて仕事をする大工さんのその姿→特に“汗ばんだ額”とか。。。

 ②ワイシャツを腕まくりし、両腕にササっと

     パイプ椅子を抱え素早く椅子を並べていく男性のその姿→特に“筋肉質な腕に入ったスジ”とか。。。


なんというのでしょうか、こう身体を使って仕事をしている人の美しさを再認識してマス。

個人的嗜好が暴走し始めそうなので今回はこの辺りにてお開きとさせていただきますかね。笑。

③以降のつづきをご意見いただける方、お待ちしております。。。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。