06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pianist TAKANO

Author:pianist TAKANO
こんにちは!
ピアニストの鎌田貴乃です!
ピアニストやっています
ラジオパーソナリティやってます
フランス語に奮闘中です
ときどき学生たちと戯れて?ます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

My Voice My Life ~ピアニスト鎌田貴乃の気ままにBLOG

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台に立つ側、客席で聴く側

2012.07.29 17:13|未分類
演奏会に行ってきました。

フルートとピアノ、姉妹での演奏会。

つい1年前は自分もこのホールの同じ舞台に立っていたのかと思うと・・・。

1ベル・・2ベルが鳴り、なんだか自分が今日の演奏者のような気持ちになってきて

変な緊張をし出しました笑。。。

ちなみにTVなどでもオーケストラのチューニングが聴こえてくると

自分がピアノコンチェルトのソリストの気分になり、やっぱり妙な鼓動の

高鳴りを憶えるのです。

これって職業病か???※きっと演奏家の方なら頷いてくださる!!


最近は、演奏家が演奏を披露するだけの演奏会よりも

演奏家のトークを交えた演奏会が多くみられます。


演奏とトーク、ふたつを交互にこなすのは実はとても大変なこと。

とくにピアニストは暗譜での演奏が常ですし、集中力をおくところが

2箇所というのはそれはそれは大変なことなのです。

でも、少しでも聴いていただく方々に楽しんでいただきたいと

演奏家は、果敢にこの偉業?に臨むわけですが。。。


今日のトークの中に「自分が恋をしてみたい作曲家は・・」というフレーズがあり

“えぇ・・・自分なら誰だろう・・”としみじみ考えながら帰ってきました。



演奏、選曲、トーク、身のこなし、ドレスの選び方・・・などなど

今日は客席で楽しみつつ、いろいろとお勉強させていただきました

ぶろぐ2012 no.50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。