01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

pianist TAKANO

Author:pianist TAKANO
こんにちは!
ピアニストの鎌田貴乃です!
ピアニストやっています
ラジオパーソナリティやってます
フランス語に奮闘中です
ときどき学生たちと戯れて?ます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

My Voice My Life ~ピアニスト鎌田貴乃の気ままにBLOG

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀 バレンタイン事情

2013.02.02 19:30|未分類
2月になりましたね!

そして明日は節分。

今日の生暖かい雨は季節をまさしく分けるお天気でしょうか。


このところ

いろいろな場面で「チョコレート」の話題を耳にします。

そりゃなんたってバレンタインデーが近いからですけどね

そのバレンタインも昨今ではずいぶん様変わりしたように感じます。

(って書くといかにも歳を取ったみたいだわっ笑)

学校の生徒たちも、休み時間には完全に音楽の勉強は飛んでいらっしゃり

“ねぇー先生はさぁ、どこのチョコがいいと思う?”

・・・などとキャッキャ、キャッキャと乙女な女子たち、ど真ん中でございます

そんな会話が飛び交う中、男子たちも“あ、そうだ。今買って置かないと買い忘れるよな”・・・

と発した会話に、たかの先生食い付く。笑


“え?それどういうこと?男の子も好きな女の子にあげるの?”

“まずは男女関係なく友チョコっすよ。で、あとは彼女と交換しよーって言われてるんで”



えっ。なになに!

ん・・・・・・・。

私たちが彼らの時代にはそんなこたーなかった。

バレンタインは完全に女子のみのイベントであった。


そしてその生徒くんはこのようにも・・“俺の友達でバレンタインにチョコ渡して

告って付き合ったってヤツいますよ”

へぇーっ!なんちゅー時代なのだーっ!!!

女子が校舎の物陰で好きな男子を呼び出して、こそこそっと渡す時代は、まるで鎖国時代の話か。



また中学生の生徒さんはこんな話も。

“学校ではチョコを持ってくるのは禁止って言われていてもみんな持ってきてて。

友チョコ作りがこの時期大変なんですよぉ。作ったら友達の住所とか調べて、地図見ながら

自転車で廻るんですよー”


えっ。なになに!

自転車で友チョコ配り???

女子にとってはこういうクラスの空気に入っていないと、友達関係にも影響するので

参加不可、とはできないらしい。

またそれも大変よね。


そして今朝、マンション下のエントランスでのこと。

ベンチに座り込み小学3,4年と思われる女の子たち5人くらいが

頭を寄せ合って真剣に会議をしている。

紙に表のようなものを書いて何か書き込んでいる。

“てゆーかさー。○○先生のお世話になってます度はレベル1じゃん

だからチョコのレベルもレベル1でいいよねー”


どうやら塾の先生へのチョコをどうするかについて白熱した会議が開かれていた模様。


えっ、なになに!

お世話になってます度、って言葉にまず驚く。

でもって、レベル1ってなに??笑

ってか、そのレベル1のチョコが見てみたい。。。。

すごいですねぇ。

もう、スゴイとしかいいようがないですわっ。


義理チョコ、本命チョコ・・・くらしかなかった私たちの時代とは

一線を画す21世紀のバレンタイン事情。

要するに2月14はいつでも、どこでも、だれでも、チョコレートOKってことなのでしょうね。

(なんという大雑把なまとめかただ・・笑)







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。