05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

pianist TAKANO

Author:pianist TAKANO
こんにちは!
ピアニストの鎌田貴乃です!
ピアニストやっています
ラジオパーソナリティやってます
フランス語に奮闘中です
ときどき学生たちと戯れて?ます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

My Voice My Life ~ピアニスト鎌田貴乃の気ままにBLOG

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「はつ恋」

2012.06.24 19:06|未分類
5月末からNHKで放送しているドラマ「はつ恋」

ご存知ですか?

ハマっている女友達、多数。

不覚にも知らなかった私に、「見なさい。」と録りためたDVDが手渡されました。笑。


見ましたよ・・。

ふむふむふむ、ふむふむふむ。

なーるほど。。。。。



これはまさしく恋愛ドラマの女王脚本家・中園ミホさんが書く、

完全な女性向けドラマかと思われました。

感想を述べる前に、これすべて仮想のドラマであることを前提として、です・・・。


誰にでもその人の人生を大きく左右してしまう出来事って、ありますよね。

友達であったり、恋人であったり、先生だったり、出会いだったり、別れであったり、

事件だったり、景色だったり、音楽だったり・・・。

この主人公・木村佳乃さん演じる「みどり」にとって、

同級生の三島の存在はまさしく

その後の人生を、変えたなんて話じゃ収まらないほどの出会いだった。


女性はなぜ、どこか「翳り」のある人に惹かれるのでしょうか。

頭脳明晰、スポーツ万能、完璧なまでのカッコ良さの中に

時折見せる寂しさ、残酷な言葉や態度・・・・


それから何十年の時を経ち。。。。


自分が持つそんな翳りを、

あるときやっぱり優しく温めたくなるの時が訪れるのでしょうか・・・

そんな自分を丸ごと受け止めようと、一生懸命愛してもらった人に。


そして運命的にふたたび出会ったふたり。。。。(←まぁここがまさしくドラマ的設定ですけどね)


かつての恋人の命を救うため

医者としての輝かしいキャリアなんか厭わない!と

空港で引き返す三島の後ろ姿には、

医師としてだけではない、みどりへの“確実な意思”がありましたね。


理想の家庭を持つ現実と

重い蓋を閉じざるを得なかった過去の想いは

この事件を機に、どういう展開をしていくのか。


いつかのブログに書きました。

~自分の弱いところやダメなところは隠すためにあるのではなく

      誰かに愛してもらうために存在する~


きっとそれは、対 伴侶 、対 友人 対 恋人・・・・

形ということに拘らず、築き得ることができるのならば、

それは精神的な強いつながりを育むのでしょう。

男性でも、女性でも。

それが伴侶であれば尚のこと。


あと3回の放送でどういう気持ちの推移が描かれるのか

楽しみにしたいと思います!

































スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。